海外で日本語を教えています

日本語教師です。ネイティブスピーカーとしてだけでなく、色んな角度から日本語を見ていきたいと思っています。

クライアント Come on!個人事業主のマーケティングを考える。

最近、フランスで個人事業主デビューした。こちらではMicro-entrepreneurという。URSAAFという機関のサイトで必要事項を記入してサラッと登録できた。

個人でやろうと思ったのは、「勤め先の待遇があまり良くなかった・職場が家から遠かった・他人と働くのが嫌になった」という理由からだ。クライアントにたっかいお金払わせるのに我々が受け取るのは雀の涙ほどの金額だし、同僚も仕事が杜撰で約束をすっぽかされたり日時を間違えられたりすることも日常茶飯事だった。まあ、ほぼ経験なしの自分を雇ってくれたことに恩は感じているけど。

とまあ、愚痴はこの辺にして(^^;

個人で仕事するようになって数か月経つ。お金の管理は自分でやらないといけないけど、他人と働かなくていいのでめちゃくちゃストレスフリーだ(^^)少しずつではあるけどクライアントさんも増えているのでまあ順調と言えるだろう。

クライアントさんの増やし方、つまりマーケティングに関してネットや本などで色々勉強した。マーケティングに関してはド素人だったけど、マーケティングって楽しいなと気が付いた。ネットの時代、個人も企業も基本は変わらないところも面白い。

私は特に、コンテンツマーケティングに興味を持った。コンテンツマーケティングは、ブログなどメディアを運営して、そこに興味を持ってくれた人を引き込んでクライアントにしていくマーケティング法。

コンテンツマーケティングを理解するのに、『いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本』という本がおすすめ。ウェブマーケティングのセミナーもいくつか受けたけど、この本にほとんど同じことが書いてあって、最初からこれ一冊で良かったじゃん!と思った。紙の本だと2000円近くするので、Kindle Unlimitedがお得です。

以下、コンテンツマーケティングを仕掛けていく上で重要な考え方が示された一文を引用。

「顧客はあなたのことも、あなたの製品やサービスのことも気にかけていない。彼らが気にするのは自分自身のこと、彼ら自身の欲求やニーズだけだ。コンテンツマーケティングとは、顧客が本当に関心を払うようになる、彼らを夢中にする興味深い情報をつくり出すことだ。」ジョー・ピュリッジ

 

コンテンツマーケティングはすぐに成果が出るわけじゃないけど、コツコツ地道に続けていればコンテンツという資産が貯まり、長期に渡って利益を上げることができるそう。

本で知識を溜め込んだら、あとは実践あるのみ。面倒くさくてなかなか仕事用のブログ更新してなかったけど、クライアントを引き込めるような魅力的な記事を書いて事業を軌道に乗せて行こうと思った次第です。