海外で日本語を教えています

日本語教師です。ネイティブスピーカーとしてだけでなく、色んな角度から日本語を見ていきたいと思っています。

海外で初めて面接官をやってみた感想 

先日、日本語教師のポストを希望する人の面接を行った。まあ、面接は全部一人で受け持ったわけではなく、私は主にその人の日本語能力を審査する係だったのだけど(志願者は日本語の非ネイティブスピーカーだったので)。

数年前には面接される立場だったのに、今は逆の立場になったんだなあ、とちょっとしみじみ。

初めて人を審査する側に回ってみて、見えてきたこともたくさんあった。

以下、気になったこと・私が見ていたポイントなどを書いていきます。面接を控えている人は、もしかしたら参考になるかもしれません。

 

【書類編】

・書類の見直しは大切!

ある人はうちの住所を間違えていた(こっちの履歴書には応募先の住所も書く)。志望者が少なかったからそれだけで足切りはしなかったけど、注意力がないのかな?と思ってしまった。

→意外とミスしていることもあるので、しつこいくらい見直しをしましょう。

 

・CVには具体的な情報も載せよう。

日本の履歴書の場合は今まで在籍していた学校名・会社名は必須だけど、こっちでは特に学校名・会社名を書いてない人もいる。でも、募集しているポストに関係のある学歴や職歴の場合、具体的な情報があった方が判断材料が増えるので、書いてくれる方がずっとありがたい)

→ 情報の少ないスカスカのCVはNGです。

 

・求められた書類は全部提出しよう。

まあ、当たり前ですが・・・。できていない人もいたので。

 

【面接編】

・堂々と答えよう

声が小さい、おどおどしているなど自信のなさが表れてしまっているのは印象が良くない。自信を持って発言できる内容をある程度考えておくといいかも。

 

・やる気アピールは大切!

採用基準に達していない場合でも、めちゃくちゃやる気があるような印象を受けると、こちらも心が揺れ動く。とにかくこの仕事が好き!どうしてもこれをやりたい!と、モチベーションの高さを見せるのはとても大切。

 

・言われたことには素直に従おう

今回は10分だけ模擬授業を行ってもらうことにしたのだけど、「日本人の前でやるのはちょっと・・・」と言われてしまった。・・・っておい(笑)ネイティブスピーカーの前でその人の母語の授業をするのは嫌かもしれないけど、日本の日本語学校では普通に日本人同士でやってることだし。「採用されたいなら素直に模擬授業やってほしいなあ」と思った('◇')ゞ

 

・質問をしよう

人は他人の反応を欲しがるもの。自分の説明したことに対して色々質問してくれると、「ちゃんと話を聞いてくれたんだな」と安心する。少しでも疑問に思ったことは積極的に聞こう。でも、何か質問しようと考えるあまり、話をいい加減に聞かないようにすべき。さっき説明したことなのにもう一度質問されると、「話聞いてた?」となる。一番大切なのは、ちゃんと話を聞くこと。

 

以上です。

面接をされる方も大変だけど、する方も色々考えなきゃいけなくて大変だなと思った。でも、個人的には面接、結構好きかもしれない。