海外で日本語を教えています

日本語教師です。ネイティブスピーカーとしてだけでなく、色んな角度から日本語を見ていきたいと思っています。

曲者ネイティブ教師には、ならないように。

私が大学生の時、第二外国語にフランス語を専攻していた。

日本人の先生の文法の授業の他にネイティブの先生のオーラル・コミュニケーションの授業もあったんだけど、ネイティブティーチャーがまず曲者揃いだった。

だいたいフランス語を一年習ったくらいで発音なんか上手になるわけないのに、うまく発音できないと皮肉を言われた。例えば、「メガネが合ってないんじゃない?」とか(そういう皮肉に対してだけは、リスニング力を発揮してしまう)。

だからフランス語のネイティブの先生が正直苦手だった。アメリカやオーストラリア出身の英語の先生はフレンドリーで優しいのに、やっぱりフランス人って嫌味な連中だなと思っていた(ちなみに、唯一優しいネイティブのフランス語の先生は、カナダ人だった)。

今私はフランスで日本語のネイティブ教師として働いているんだけど、威圧的でアイロニックな態度は取らないように注意している。生徒が同じところで何度も間違えると「さっきもやったよね」と言いたくなっちゃうこともあるけど、なるべく我慢している。

世界に言語は数あれど、わざわざ日本語を学びたいと選んでくれたこと自体がありがたいと思うからだ。だからといって生徒に甘すぎるのは良くないと思うけど、勉強させたいときは「北風と太陽」の太陽方式で自分から進んでやらせるようにしたい。

語学の勉強、ましてや日本語の勉強なんてフランス人にとってやらなくてもちっとも構わないものだから、続けるかどうかは本人のモチベーション次第なのだし。