海外で日本語を教えています

日本語教師です。ネイティブスピーカーとしてだけでなく、色んな角度から日本語を見ていきたいと思っています。

言葉

年齢じゃなく、自分のキャラに合ったポジションで。

フランス人の夫は一人っ子なのだが皆のお兄さん的な感じで、よく友達に相談されるタイプだ。今日彼の電話に聞き耳を立てていたら、どうやら10歳年上の友人Jの相談を受けているようだった。Jは仕事がうまくいっていないようで、夫は必死に彼を励ましていた。 …

私の考える、語学を勉強する意味。自動翻訳機が進化しても、語学学習の意義はなくならない!

Googleの自動翻訳アプリ「リアルタイムカメラ翻訳」なんてのも最近出たらしい。翻訳機器の進歩も日進月歩なので、語学の勉強しても意味ないんじゃない?と思う人も少なくないようだ。 私も一瞬「語学学習に未来はあるのかな」と心配したけれど、今はやっぱり…

語学はネイティブ・スピーカーに学べ!あと、フランス語にだって「おっぱい」はある!

仕事で必要なので日本語の教科書を手に取る機会が多いけれど、フランス人が作った教科書は「あれっ?」という表現が載っていることも多い。 例えば私の手元にあるものだと… 「お手洗いを拝借できますか」というのを見つけた。 まあ間違いじゃないけど、今日…

夫?妻?家内?主人?配偶者の呼び方について。

日本人の友達や美容師さんなど、第三者を前にして配偶者を呼ぶとき、何と言ったらいいのかちょっと考えてしまう。フランス語だったらmon mari(夫) / ma femme (妻。女性という意味もある)くらいだから、迷うことはないのだけど。 ちなみに、「奥さん」という…

言葉と世界

日本語という言葉を教える仕事に就いたので、最近言葉について考えることが多くなった。そして改めて、言葉はとても便利なものだな~と感じている。例えば「弱肉強食」など、たった数文字で込み入った内容を伝えることも可能だ。行ったことのない場所や見た…